sun chao 結晶釉
sun chao
孫 超 孫 超


作品の写真をクリックして下さい。大きな写真がご覧になれます。




A-043 緑彩広口花器
直径:23.5cm × 高さ:32.0cm
400,000(化粧箱入)
A-120 反口円球
直径:28.5cm × 高さ:29.5cm
550,000(化粧箱入)
A-148 緑彩胴張反口瓶
直径:31.0cm × 高さ:22.5cm
800,000(化粧箱入)



孫氏の作品の中では、大ぶりの一つ。
緑彩と白釉、鉄釉、3色のコントラストが、
見事に表現され、彩墨結晶釉の
面目躍如といった趣がある作品です。
見事なろくろの円球です。
亜鉛とクリスタルの二つの結晶釉の融合が、
幻想的な景色を醸し出し、他の作品とは
少し違った雰囲気をもっています。
その愛らしいスタイルが子供に言わせれば、
「ドラクエのスライムみたい!!」
しかし、実物を床の間にでも飾って見ると、
その堂々とした存在感に圧倒されそうです。



A-194 灰釉反口筒花瓶
直径:13.5cm × 高さ:37.0cm
500,000(化粧箱入)
A-196 褐色細反口徳利瓶
直径:18.5cm × 高さ:51.0cm
680,000(化粧箱入)
A-224 緑彩筒花瓶
直径:14.5cm × 高さ:33.0cm
400,000(化粧箱入)



大変、珍しい白一色の作品です。
白一色といっても、腰下よりは、微妙に
耀変が現れ、面白い景色が見られます。
その細身の姿と併せ、清楚な雰囲気で言えば、
ぴか一の出来!!
褐色といっても、いわゆる「黄土色」。
懐かしさを覚える色味です。
すらりとした容姿からは色気さえ感じるとは、
言いすぎでしょうか? 
いえ、本物をごらんください。
一概にそうとも、言えません。
孫作品の代表的な若草色であり、
代表的な筒型の広口瓶です。
見入っていると、なぜか故郷に帰ったように、
心が落ち着くのは、私だけでしょうか。
何にしても基本というのは、
大切、且つ物事の礎なのです。

A-310 鉄釉広口筒瓶
直径:15.0cm × 高さ:34.0cm
800,000(化粧箱入)

こちらの褐色はA-196より濃い目の茶色。
型は少し物騒ですが、砲弾の薬莢型。
他の作品にはあまりお勧めしませんが、
花など生けられても、面白いと思います。
変り種の逸品です。

Copyright(C)2003 by jyoshin-an.com, all rights reserved.